メニエール病の治療をする|早期発見が完治への道

医者

外科との違い

医者と看護師

病院には、内科と外科があります。内科では薬での治療、外科では手術での治療を目的としています。体調が悪くて医師の診断を受けたい人は、総合病院を受診すれば安心です。

詳しく読む

遺伝が関係している場合も

hospital

甲状腺は私達が快適な生活を送るうえで、とても大切な役割を果たしています。甲状腺ホルモンの量は多すぎても少なすぎても身体に影響があらわれます。また、若い女性が多く発症しているといわれています。

詳しく読む

健康管理に繋がる

医者

現代の日本では乳がんにかかる女性が増えています。その反面、乳がん検診を受けている女性が少ないのも現状です。乳がんは女性が発症するがんの中でも割合が多いので、積極的に検診を受けるようにしましょう。

詳しく読む

若い女性に多い

耳

若い女性だけではなく、多くの人に引き起こる病気としてメニエール病があるのですが主にめまいや耳鳴り、難聴といった症状が現れます。ちょっとした体調不良だと勘違いしてそのままにしてしまう人もいるのですが、放っておいても自然に治る病気ではありません。そのため、病院に行って診察をする必要があり、メニエール病と判断されれば治療を受けることが大切です。メニエール病の治療にも色々な種類があるのですが、まずは薬物療法が行なわれます。薬にも色々なものがあるのですが、めまい止めや場合によっては抗不安薬が使用されます。薬を服用することでメニエール病の症状を抑えることができ、また初期の段階であれば生活習慣も見直すことで症状を緩和していくことが可能です。

メニエール病の症状が悪化していた場合、内リンパ嚢開放術という手術が行なわれます。これは聴力を維持することができるので耳が聞こえなくなるという心配もなく、めまいなどの症状を抑えることができます。しかし、手術治療になった場合は薬物療法などと比べて費用が少し高めになってしまうので予め注意しましょう。また、内リンパ嚢開放術以外にも前庭神経切除術があり、これは改善が見られなかった場合に行なわれる手術治療法となっています。それ以外にも様々な手術があるのですが、聴力を失う危険性もあるのでメニエール病は早期発見が大切だといえるでしょう。メニエール病は、突発性難聴や脳閉塞などと間違われることもあるのでメニエール病の治療を得意としている病院で診てもらうと良いです。病気に合った治療をしなければ改善は見込めないので、病院選びも大切だと考えられます。