メニエール病の治療をする|早期発見が完治への道

案内

健康管理に繋がる

医者

多くの女性に発症している乳がんは、とくに日本人が多いというデータがあります。以前は海外の女性が多く発症していた乳がんですが、現在では20代から50代までの女性に多くみられるようになってきました。40代や50代の女性が発症するがんの種類の中でも乳がんの割合はとても多く、患者数は年々増える一方です。乳がんの症状にもいくつかステージがあり、悪化すると胸を失ってしまうことにもなります。ですから、日頃から乳がん検診を受けておくことが早期発見に繋がります。乳がんを発症しやすい人にはいくつか特徴があります。それらの特徴を参考にして、セルフチェックをしてみましょう。

乳がんを発症しやすい人の中には、生理が関係しています。生理が始まった歳が小学生の時だった人や、出産した年齢が比較的高齢の人、またはまだ出産をしたことがない人です。こういった場合、生理の期間が長くなります。次に太り気味、肥満です。そして、家族に乳がんを患ったことがある人も体質的に遺伝することがあります。また、普段から避妊薬やホルモン材が含まれているサプリなどを服用している人、お酒を頻繁に飲む人も乳がんを発症しやすい傾向にあります。これらの中からいくつか当てはまった人は、婦人科を受診して乳がん検診を受けてみましょう。よく、胸にしこりがなければ大丈夫と自分で判断している人がいますが事故診断をせずに、病院で診断をしてもらうことが大切です。日本ではまだ乳がん検診を自発的に受けている人はとても少ないといわれています。積極的に乳がん検診を受けることも健康管理に繋がります。